太陽光発電について

太陽光発電について

太陽光発電とは、一般的に昼間のピーク時電力を緩和する一方、排出ガスも削減できるクリーンなエネルギーのひとつで、蓄電池などの組み合わせもあります。

太陽光設備のしくみ

まず、太陽電池(アレイ)によって、日射時に、直流発電します。

それを変換機(DC.ACパワコン)と呼ばれる変換機によって、直流から交流電源に変換します。

パワコンから集められた交流電源を、電気を集める(集電盤)に入り、逆接にて、
配電線に戻し売電ができる。

電力会社の電圧と発電側の電圧の差で、電気を売電する仕組みです。

太陽電池を使って発電した電気は、御家庭のさまざまな家電品を使うことが出来るようになります。
また、発電した電力量がご家庭で使用している電力量を上回った場合は、電気を電力会社に売ることが出来ます。
反対に、曇りや雨の日など発電した電気が足りない場合や夜間などは、電力会社から電気を買います。
売買の切り替えは自動にて行われるのでご安心下さい。太陽光発電は、一般的に昼間のピーク時電力を緩和します。
一方、排出ガスも削減できるクリーンなエネルギーのひとつで、蓄電池などの組み合わせもあります。

一般家庭の太陽光発電のイラスト

原案シート訂正_1006_html_m2a39f7f 太陽光で発電された直流電池を接続箱に集められパワコンで、直流から交流電源に変換され分電盤から各電化製品が使用できる仕組みです。

実際の屋根施工例

原案シート訂正_1006_html_m2244d476

産業用太陽光発電所とは

一般家庭のようにあまった電気を売買する、余剰電力とは違いシステムで発電した電力を、電力会社に全量買取をするシステムです。 一般的には法人様向け。もちろん個人のユーザー様もいます。 メリットは、発電した電気を全部電力会社に売るため、収益も大きいです。 初期投資を約10年から12年で元が取れるといわれております。 しかし、まだ10年経ったシステムがあまりないので、発電シュミレーションにてある程度の年間収入が得られるかご検討していただいております。 すでに、売電しているお客様は、月つきの電力会社の検針表に売電の金額が記載されていますので、ある程度は、年間収入がわかると思います。 デメリットも当然つきものです。 除草の問題・パネルの清掃など、いつも発電効率の良い環境にするのは大変です。

 

 

価格について

私たちは、オーナー様の希望に沿う最適な土地紹介をはじめ、なるべくコストをおさえ皆様によりお得になるような安心価格でご提供させて頂きます。
実際の事例ですと、土地は約200坪に太陽電池パネルの設置工事をさせて頂き、発電所が完成します。この発電所価格は約1,300万円です。そして発電した電気を売った料金が約160万円。20年で約3,200万円の収入が見込まれる、大変魅力がある商品となります。私たち太陽光プロ集団におまかせください。

気になる価格

低圧案件 1kwあたり 30万円
上記に当たる金額は、設備認定・材料・電力会社申請費・連携費などを含みます。(税別)
50kw以上、高圧案件 1kw 29万円
立地条件などを考慮して判断いたします。
お客様の御予算にも合うよう御提案致します。

 

 

お気軽にお問い合わせください

contact

Return to Top ▲Return to Top ▲